最も有効な英語の勉強方法は英単語の暗記!

私が実践している(学生時代なのでやや過去形になりつつありますが)英語の勉強法は、やっぱり「反復」ですね。もっと言えば、「英単語の暗記」です。いわゆる「クソ暗記」的な方法にて、英単語を覚えています。

とにかくもう、詰め込めるだけ英単語を詰め込むのが私の英語の勉強法です。ネイティヴなイングリッシュスピーカーの方なんかは、「HAHA!そんなんで英語が話せるようになるのかしら!?」とか言うかも知れませんね。けれどもこの方法が最も英語力アップにつながったのです。

「英単語を覚えること」に最も力を入れるのが私の英語の勉強方法なのですが、私的には受験にも海外旅行にも有効だと思っています。日本の学校、とくに大学受験の際には「とにかく英単語を知っている」ということだけでも、効果は十分にあるでしょう。

受験英語のなかでも、とくに長文問題ですよ。こう言ってはアレですけれど、長文問題は「知っている英単語」が多ければ多いほどに、理解ができるというものじゃないですか。大学の受験英語ともなりますと、いくつかは知らない英単語も交じっていたりするわけです。

けれども、前後の文脈からなんとなく何が書いてあるのか訳せるーというところも、受験英語の正解率をあげるポイントではあるのですけれど、しかしそもそも知っている英単語が多ければ、そのように前後の文脈から悩んで判断することもないわけです。

そしてまた、英会話におきましても、文法はぐっちゃぐちゃでも英単語を知ってさえいれば会話は成立していきますからね。ですからこその「英単語の暗記」なのですよ。たとえ地頭が良くなくても、努力次第で英語力をアップできますから、効果のある英語勉強法だと思います。

スコットペリー